48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

ヒトは自らを特別扱いしがちな生き物である

 

こんにちは

 

たまには哲学的なタイトルに挑戦してみようかと。

 

明日で東京オリンピックが終わる。

テレビで観戦し楽しまれた方も多いのではないだろうか。

私はほとんど見てはいないが。

 

テレビ各局で放送したオリンピック中継はかなり視聴率が良かったそうだ。

オリンピックを最初から歓迎していた層ばかりでなく、反対反対叫んでいた輩もかなり見ていることだろう。

 

一方、コロナ感染者数は激増している。

どこまで増えるのか、そして自分の周りにもウイルスの魔の手が迫っているのではと思わされる。

コロナとオリンピックの関連だが、開催反対派は「コロナが感染拡大したのはオリンピックを開催したから」という根拠のない話をデッチ上げた。

彼ら彼女らは、「森が悪い」「菅が悪い」「バッハが悪い」「小山田が悪い」などとポリコレ棒を振り回しレッテル貼りした者を攻撃することにご執心だ。

そして「オリンピックは開催しているのに、なぜ我々は自粛しないといけないのだ」と自らが街に繰り出しバカ騒ぎをしている。

もうすぐお盆。

オリンピック開催を口実にして、自らが帰省したり旅行したりすることを正当化する輩がきっと出てくることだろう。

 

 

 

ヒトは自分に甘く他人には厳しい。

昔から言われていることだ。

どうもヒトには自分自身だけは特別扱いしてよい、という遺伝子がインプットされているんじゃね、という気さえしてくる。

〇〇はやっているのに、なんで私はだめなんだ?

こんな愚かな発言する輩多いでしょ。

まるで自分を中心に世界が回っているかのごとく。

 

地球上に、ヒトは何十億人も暮らしている。

ひとりひとりは何十億人分の一の存在でしかない。

でもそれがわかってない連中も多いんだよな。

あなたは「特別扱い」されるの好き?

「あなただけは特別です」と言われ良いサービスを受けたことのある人いるだろう。

「今回だけは特別ですよ」とイレギュラーな対応してもらった人もいるだろう。

それらの「特別」で気分が悪い思いをしただろうか。

こういうことを何度も経験すると、「自分は特別扱いされる存在だ」と勘違いしてしまうかもしれない。

でも決してあなたは特別な存在じゃないんだよ。

 

ヒトは自分の都合の良いように考えがちだ。

そういう層は「お気持ち」で簡単に扇動されてしまう。

今回のネタは「オリンピック」だ。

非常に調理しがいのあるネタだった。

「オリンピック」は「コロナ」と絡めるには非常に相性が良い。

だって、海外から多数の人が来るから。

海外からの人がウイルスを運んでくる。

観客を入れて運動会なんかやったらパンデミックだ。

なぜあいつらを特別扱いするんだ。

オリンピック関連が特別扱いされるなら、自分も特別扱いされてしかるべきだ。

こんな扇動しやすい話は無かったろう。

 

実際は無観客開催となった。

選手や関係者はバブル方式で隔離され、ウイルスを拡散しないよう方策を立てられた。

実際のバブル内外の感染者数をみるに、むしろ選手や関係者を市中感染から防御するためにバブルが機能している。(何の笑い話だろう)

 

 

 

五輪ガー、菅総理ガー、厚労省ガー、と悪者を他に求める限り、コロナ禍は長期化するだろう。

はっきり言ってやろうか。

コロナウイルスを拡散させているのは、街に繰り出しているあんたたちだ!

ウイルスは自分で移動できない。

ウイルスを拡散させているのは、菅総理でも、ましてオリンピックでもなく、あんたたち自身の行動だよ。

自分を特別扱いすることなく外出自粛を順守し、大人しくテレビでオリンピックでも観戦しておけば、こんなに感染者が増えることはなかったろう。

まあ、自分は特別だ、自分は大丈夫だろう、と素敵な考えの輩がいる限り全て台無しだが。

 

そんな簡単な理屈もわからず自粛しないと言うなら、ご自由にどうぞ、だ。

ただし、感染発症しても入院を求めたりするな、自宅療養で何とかしろ。

 

ではまた。

  

下のアイコンをポチっと押してくださるとこのブログのランキングが上がります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村