48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

2018年分 確定申告還付金の送金通知書が届いた

 

こんにちは

 

今年は2月の中旬に確定申告(還付申告)をしました。

前回は1月中にやったのですが、今年は1月中はタイに外こもりに行っていたので2月になっちゃいました。

通常の確定申告は2月中旬からなのですが、還付申告については1月からできます。

1月中にやったほうが他の確定申告処理と一緒にならないので還付金が返ってくるのが早そうです。

 

今回は2月の申告だしどれくらいかかるのかなあと思いながら待っていたのですが、一月ほどたった3月中旬には送金通知書が送られてきましたので結構早く感じました。

確か昨年は1月の終わりごろに申告して1ヶ月かからないくらい。

一昨年は2月に申告を行い、1ヵ月半くらいかかりました。

事務処理が少し早くなっているのでしょうか。

実際に還付金を受け取るには郵便局の手続きが数営業日かかるらしいことを通知書に書いていました。

そんなに急ぐお金でもないのでつい先日に郵便局から受け取ってきました。

 

確定申告還付金の受取方法 

確定申告の還付金受取は、以下の2つの方法から選択できます。

  • 受取人が指定する銀行や信用金庫の口座へ振込
  • 受取人が指定する郵便局窓口での現金受取

私は銀行口座振込を選択してその銀行口座とマイナンバーを紐付けされるのが嫌なので、毎回郵便局での受取を選びます。

 

郵便局で受取る場合、税務署から国庫金送金通知書なるものが簡易書留で送られてきます。

まあコストもかかりますし、通知書作成を手作業で行っていますので手間暇かかります。

私が税務署員だったら銀行振込を選んでほしいですね。

確か一昨年の申告のときに受付の男性職員に暗に銀行振り込みにしてください風なことを言われたんですよ。

まあわざわざ個人情報である銀行口座の情報を税務署に与えることはないので郵便局受け取りとしたまま提出しましたがね。

昨年今年とそれ以来同じようなことは言われなくなりました。

同じようなことを他の人に言って税務署のお偉方にクレームでも行ったのかもしれません。

 

 

 

還付金の送金通知書(国庫金送金通知書)

送られてきた通知書はこんな感じです(個人情報部分はモザイクしています)。 

一度払った税金はもう国庫(正確には国税収納金整理資金)に入っていますので、還付金も国庫金から送金されることになります。

f:id:luna3018:20190402124237j:plain


今年の還付金額は4823円。

今年は特定口座内で損益通算がうまいことできたので、別証券会社口座で貰っている配当金関係の税金を還付してもらった形です。

なぜ還付してもらうことができたかというと、今年は外債で大幅な損失がでているからなんですけどね(泣)。

 

還付金の受取りのために郵便局の窓口まで行かないといけないのは面倒といえば面倒です。

まあ私はセミリタイアして平日の好きな時間に郵便局に行けますから。

働いている方は銀行振込みの方が手続きが簡単ですね。

その代わり銀行口座という税務署には知られたくない個人情報を晒しちゃいますが。

 

まあ対策としては、マイナンバーに紐付けされてもかまわない銀行口座を用意して還付金を振り込んでもらえばなんてことないんですけどね。

 

来年以降はできれば税金を払わず、かつ損失を出さず還付金も出ないくらいの取引ができたら理想です。

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村