48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

新型コロナワクチン接種についての雑感

 

こんにちは

 

自治体や国が進めているワクチン接種、ごたごたもありましたが割と順調のようです。

ごたごたというのは、接種予約を取ろうと徹夜で並ぶ高齢者とか。

私、このニュースを聞きかじって、東京か大阪の出来事と思っていたんですよ。

あとから真相を聞いてびっくり、福岡県内でのお話だったとは。

いやーお恥ずかしい、また全国に福岡県民の低レベルさを拡散しちゃいました。

あ、修羅の国と呼ばれている福岡ですから今さら?

 

ワクチン接種を済ませた人は接種券にスタンプを押してもらっています。

国内ではそれが接種証明の代わりになりそうな感じ。

ただし、河野ワクチン担当大臣は当初公式な接種証明を出す予定はないと発言されていました。

そうすると海外で進んでいる「ワクチンパスポート」による入国制限緩和には対応できないよねと思っていたところ、日本でも自治体が証明を出すことになったようです。

  

新型コロナ: ワクチン証明書「7月中下旬から発行」 官房長官: 日本経済新聞

 

7月中には新型コロナワクチン接種証明書を発行できるように整備するそう。

海外でも、タイは10月下旬からワクチン接種を条件に隔離無しの入国を認めると発表しました。

 

タイ 10月中旬までに外国人観光客の入国制限 大幅緩和へ | 新型コロナウイルス | NHKニュース

 

こうなると、早く新型コロナワクチンを打って、接種証明を貰って海外旅行するという流れができてくるかもしれません。

私自身は当面ワクチンを打つつもりはありませんでしたので、この流れに乗れそうもないのですが。

海外へは行きたい!!

行きたいですが、ワクチン接種はしたくないのです。

【独自】ワクチン接種後に190人以上死亡、遺族「詳細な調査を」|TBS NEWS

接種後に190人以上も亡くなるような、それまでとは比べ物にならないくらい危ないワクチンを打たないという選択は、立派なリスク回避だと私は考えています。

 

 

 

そのうえで私が懸念しているのは、ワクチンを接種しない人が社会的に排除されないかということ。

今まではワクチンを接種した人とそうでない人を見分ける方法がありませんでした。

今後接種証明を発行する動きが本格化すれば、証明書を持っているかいないかでワクチン接種の有無が簡単に判別できます。

そうすると、例えば建物内への立ち入りを証明書を持っている人のみに限定するとか、特定のサービスは証明書を持っていないと受けられないとか出てきそう。

これって差別じゃないですかね。

 

接種した人からは、「リスクを負って接種した人は、接種しない人を感染防御のために自分の周りから排除して当然」って声をネット上で拾いました。

え?

感染したくないからワクチン接種したんでしょ?

接種した人は感染リスク低いんでしょ?

じゃあ周りに接種していない人がいても、接種したあなたは危険度低いじゃん。

接種しない人を排除する理屈にはならないはずだが?

 

日本社会って、同調圧力が非常に強いです。

周りがやっているからお前もやれと。

コロナ禍前まで酷かった飲み会への参加強要とかまさにそう。

今回の新型コロナワクチン接種についても、接種自体は個人の自由だとか言いながら、半強制接種への流れとなっていませんかね。

現に職域接種が進む医療現場においては、接種したくない医師や看護師が退職に追い込まれる流れになっているようですよ。

おーこえーーー。

それを当たり前と思う人、頭にウジでも湧いているのかな?

だから日本に居たら息がつまるって海外に脱出する人が出てくるんじゃないですかね。

自由って建前ならば、自由にさせろ。

職域接種するならば、決して接種の強要はないよう、そして接種しないからと不利益なことをしないよう望みますよ。

まあ私は無職ですから、接種を強要されるような職場にいなくて良かったです。

もし公務員のままだったら、半強制で接種する羽目になっていたでしょうからね。

 

ではまた。

 

下のアイコンをポチっと押してくださるとこのブログのランキングが上がります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村