48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

若者たちの自信過剰っぷりが微笑ましい

 

こんにちは

 

私はセミリタイアして以来、毎日結構な数のブログやその他SNSを読んだりしています。

働いているころに比べて時間のゆとりが大幅に増えているのは嬉しいですね。

 

で、読んでいるブログ等の書き手で年齢がわかるものも結構あるのですが、20代から60代までと幅があるんですよ。

で、今回話題にしたいのは20代30代の方々なのですが。

会社のこととか書かれている方がいらっしゃるのですけど、社内の年配者のことを「使えない老害」とか「お荷物なバブル世代」とか書いておられる方がいたり。

まあ気持ちはわからなくもないですが。

そこまでは良いとして、こう書いている人に限って「自分は有能」って感じで書いているのですけど。

まあ自分で何を書こうが勝手なのですが。

私から見たら、うわー若さやなー、って微笑ましく感じますよ。

会社に入って数年たった頃って、我こそは優秀だって自信過剰っぷりが心の中で生じがちな時期じゃないですか。

仕事も覚えてきたし、仕事の処理速度とかが「老害扱い」の人たちより上だったりしたら特に。

そういうことをあからさまに社内で出すと色々と支障が出てきそうだから、匿名で表現できるブログで思いのたけをぶちまけ、自尊心を満たしていたりするのでしょうか。

 

 

 

でもね、若者たちよ。

あなた方がそうやってディスっているその方々も、昔はあなたと同じようにバリバリと仕事する若者だったんじゃないのかな。

というかあなたたち今の若者も、いつかは年を取るし、そのうちに下の世代から「老害」とか「お荷物」とか言われるようになるのですよ。

 

年を取るのはみな平等ですからねえ。

せいぜい老害扱いされないよう、頭の中身を常にアップグレードしていくことは怠らないようにしたいものです。

 

本日は単なる愚痴です、お目汚しすみません。

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村