48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

安倍総理長い間お疲れさまでした

 

こんにちは

 

昨日安倍総理が記者会見にて辞任を表明しました。

各種ニュースで大きく報道されましたので既にご存じの方も多いかと。

記者会見の内容は総理官邸のHPでみることができます。

www.kantei.go.jp

また、辞任に関しての発言要旨は安倍総理のツイッターアカウントに掲載されていました。

 

安倍総理は7年8カ月もの長い期間に渡って、日本でもっとも大変な仕事のひとつであろう総理大臣という職務を全うされました。

お疲れさまでした。

 

 

ツイッターの反応 

ツイッターを見ていると、様々な反応がありました。

安倍さんが総理就任中の各種指標をまとめられている方が。

 

これを見ると、民主党政権のままだったら日本はどんな酷い社会になっていたんだろうと思います。

 

また、小泉元総理が北朝鮮訪問したときの写真をアップされている方も。

 

写真では真ん中あたり、安倍さんが写っています。

金正日総書記を睨みつけていますね。

このときのように北朝鮮に対する強い姿勢を現在まで貫き続けておられるということでしょう。

 

 

 

海外首脳の反応

安倍総理の辞任表明が突然だったため、海外でも驚きを持って報道されたようです。

ただ現在はSNSで首脳自らが即座に情報発信できる時代。

各国首脳の今回の反応を見てみましょう。

 

台湾の蔡英文総統

蔡総統は日本語でツイートしてくださっていました。 

 

インドのモディ首相 

翻訳文:「親愛なる友人・安倍晋三首相の健康悪化をお聞きし、心を痛めています。ここ数年、あなたのリーダーシップとコミットメントにより、日印関係はこれまで以上に深く、強くなっています。一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」

 

カナダのトルドー首相

 

 オーストラリアのモリソン首相

 

 インドネシアのウィドド大統領

 

イギリスのジョンソン首相

 

アメリカのバイデン前副大統領

 

どの首脳も、安倍総理の体調を労り、友人としてのメッセージを発しておられます。

安倍さんの功績を高く評価していることが伺われますね。

 

 

 

日本の国会議員の反応

翻って我が国の国会議員の反応をみてみましょうか。

トンデモ発言を見つけてしまいましたよ。

立憲民主党所属、宮城県選挙区選出の参議院議員のツイートです。

 

 「大事な時に体を壊す癖のある危機管理のない人物」とは何という表現ですか。

誰もなりたくて難病を抱える人はいないでしょうに。

まさにヘイトスピーチ。

こんなことを公に発言できるとは人としておかしいです。

やっぱり所属政党の体質ですかね、と思ったらさすがにこれは酷すぎるということで党内の地方議員から諫める発言が複数。

 

この発言こそ、議員辞職ものだと私は感じましたが、みなさんいかがですか。

こうして国内外の反応を比較して感じたのですが、安倍さんは国内の評価と海外の評価が全く違うのではないかと。

海外での高評価を国内のマスゴミは一切報道しませんので、日本人は反日新聞等の「アベガー」「アベノセイダー」ばかり目にして安倍さんの不支持に繋がっていたり?

 

若者の反応 

今までは主にツイッターを見てきました。

ツイッターは赤い界隈が跋扈していますので、安倍総理の退陣を祝ったり、病気のことを揶揄したりとあんたたち本当に人ですかという反応なのですが、SNSが違うと反応も違うようです。

若者が主に使っているTikTok。

こんな反応だったようです。

 

 

こうしてみると、アベガー言っているのは古い世代、若者の方が安倍総理に対する評価が高いのかもしれません。

 

 

 

さいごに

安倍総理は8年以上に渡って、界隈の酷いディスりに耐えてよくぞ職務を全うされました。

界隈のSNS発言の酷さは、安倍さんがテラスハウスに出ていた女子プロレスラー並みのメンタルだったら10回自殺しても足りないくらいですよ。

 

私の個人的な評価としては、「安倍さんは良い人だなあ」というもの。

政治的評価は後世の方に委ねるとして、戦没者を想い滑走路に土下座する方が悪い人のはずないです。

また母に尋ねると、「アベノミクスがなかったら悲惨な老後だった」と申しておりまして、我が家族での安倍総理の評価は高いですよ。

 

安倍総理、これからはまずはじっくりと療養に専念して体調回復に努められ、末永く国会議員として日本のために働いていただきたいです。 

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村