48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

当サイトにはプロモーションが含まれます

熊本城

 

こんにちは

 

3月下旬に、熊本阿蘇へ旅行してきました

今回は、熊本城を紹介します

 

私が熊本城を訪れるのは、小学校の修学旅行以来

写真でみているだけでほとんど記憶ないんですよね

ただ、傾斜のすごい石垣とかは知ってますよ

 

熊本地震で大きな被害の出た熊本城

天守閣が再建されたと聞いて、どのくらい復興が進んだのかと楽しみに訪問しました

 

 

 

 

お城から近いところの駐車場は満車だったので、三の丸駐車場に車を停めて歩いてお城へイン

訪問時期は桜が満開でした

早速、地震の被害の爪痕が

石垣が崩れたまま放置され、緑に覆われつつあります

 

 

えー、こんなに石垣崩れているんだとショックを受けながら歩を進め、天守閣と宇土櫓を望める地点へ

 

 

宇土櫓は地震で大きな被害を受け、再建工事を始めるため覆いがかかってました

 

入場券を買い、城内へ

復旧工事中のため、観光客が歩けるコースは決められています

 

石垣と塀が崩れたままになっています

復旧はいつになることやら

 

 

南大手門は、復旧工事に取り掛かっているようでした

 

 

覆いを掛けられた宇土櫓の横まで歩いてきました

中の様子はうっすらと見えます

そばの石垣はこれ以上崩落しないよう金網で保護されてました

 

 

歩いていくと、つい最近復旧工事が終わった大小天守閣が目の前に

 

 

正面側にやってきました

内部に入ることもできます

 

 

加藤清正公の鎧兜を模した撮影スポットがありましたので、つい一枚

 

 

天守の隣には本丸御殿が有ります

本丸御殿は建物の下をくぐることができるようになっています

 

 

熊本城が防衛拠点だった時代

天守前の広場に出るためには本丸御殿下の通路を通らないといけませんでした

当時は今のように明るい照明なんてないので、真っ暗だったらしいです

暗がりに目が慣れていない敵を翻弄するため、このような仕組みを設けていました

写真は明るく見えますけど、江戸時代は真っ暗だったんでしょう

 

 

本丸御殿下の通路を抜けて歩いていくと、地震後に設けられた構造物がはっきりします

 

 

城内の被害が大きいため、観光客が危険なく歩ける通路として空中に通路を設営している様子がよくわかります

 

 

傾斜の付いた石垣と天守閣のコントラストが美しいです

 

 

石垣が一部崩落して建物が歪んだまま放置されている箇所

 

 

ひととおり見て回って有料ゾーンから出てきました

ニの丸前にはかなり広い広場がありまして、熊本市民の憩いの場となってました

桜が咲いている時期だからなのか、多くの方がレジャーシート広げて座ってて、良い場所だなと思いました

 

 

熊本城、もっと復旧が進んでいるものと思っていました

天守の復旧工事が終わっただけで、全体が復旧できるのは何十年かかかるとも案内の方が言われていました

なんとか一日も早く地震前の姿になって欲しいものです

 

ではまた

 

↓↓各ジャンルの他ブログが読めます↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ