48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

「大谷見るために渡米します」と言えないような会社は辞めろ、というか有給の理由を聞くこと自体がアウト

 

こんにちは

 

ネットを巡回しているとうーんというような記事を見つけることがある。

 

「大谷見るために渡米します」と言えず、ウソの理由で有給申請したらどうなる?

打者として3試合連続ホームラン、投手としても開幕2連勝など、メジャー1年目から活躍が著しいエンゼルス大谷翔平選手。「たまった有給休暇を使って、アメリカまで観に行きたい」と思うファンも多いはず。
素直に「大谷選手の試合を観戦するため有給休暇を1週間ください」と言って認められればいいものの、言いにくい人もいるでしょう。そこで、「家の都合で、むにゃむにゃ・・・」とウソの理由でごまかして有給休暇を取得し、観戦へ。球場でハイテンションで応援し、中継に映り込んでしまった。しかも映ったことを指摘したのは上司だったとしたら。
有給休暇を取る権利はもちろんある。でも、ウソの理由で取ってしまった。上司にどう説明すればいいのだろう。

4月24日付弁護士ドットコムより引用

 

まあ、仮定の話を作ってそれに弁護士が回答するという形式の記事だ。

 

有給を申請して理由を聞く会社はブラック企業

今どき、有給を申請するのに理由を聞く会社あるのだろうか、とホワイト企業の方なら思うだろうね。

私も思う。

 

でもブラック企業ならあり得ると思わない?

そもそも有給を取らせない雰囲気を醸し出している企業あるよね。

取らせないために上司が理由を根掘り葉掘り聞いてくるかもしれない。

 

気の弱い人とか、記事にあるように大谷を見たいから休ませてほしい、とか言えないかもね。

理由を聞かれて「そんな理由で休まれたら今忙しいから困るんだよねー」的なこと言ってくる上司がいたりすると。

超気の強い人だと、「代替要員探してくるのがあんたの仕事だろ」って言えるだろうけど、普通は無理だよね。

はい、私でも無理。

 

会社には時季変更権があるけれど

労働基準法上、会社側には時季変更権というものが認められている。

事業の正常な運営を妨げる場合に、有給の申請に対して取得時期を変更する権利である。

だが、理由を聞いてその理由が許せないから時季変更権を行使するとかは認められない。

だから、有給を取得するのに理由なんかいらない。

 

私の公務員時代の話

公務員って待遇面では法令や条例できっちり決まっているのでホワイトなんだけど、きっちり決まってないところでブラックぶりが顔をのぞかせるところがある。

 

私が勤めていた役所では、以前は有給申請するときには理由を尋ねてくる人がいた。

当時の(多分今も)有給申請方法は、申請簿というのに必要事項を記入して、自分の上位者にハンコを順番に押してもらうといういかにもブラックなやり方。

自分が平係員だったら、係長、課長補佐、課長と押してもらい、それを総務に提出すると、最終的に所属長のハンコまで押されていた。

 

申請簿には取得する理由欄なんてのは当然ないのだが、上司の中には何で休むの、って聞いてくる人いたんだよね。

 

平係員のころに激務の職場にいて、当時の課長が人員を確保したかったのだろうが、

理由に納得がいかないとハンコ押さない

とかのたまってくれてたので、私は有給を取るときにいつも、

お見合いに行くので休みをください。

と言って申請していた。

今考えてもばかばかしい。

 

それから10何年か前に私が係長に昇進したばかりのころ、部下が有給を申請してきて黙ってハンコを押したら後で当時の所長に怒られたことがある。

 

怒られた理由がばかばかしい。

「なぜ部下が有給を取るときに理由を聞かないんだ。」

「部下を管理するため有給取って何をしていたかluna係長は当然把握するべき。」

 

開いた口がふさがらなかったよ。

今そんなことしたらプライバシー侵害で訴えられかねない。

部下が有給取ったときに何をするのかとか知ったことじゃないっての。

もしそこで犯罪をしていても、勤務時間外まで部下の管理責任なんて取れっこないわ。

 

有給取得について職場環境が改善されてきたのは、私が勤めていた役所でいうとここ10年くらいじゃないだろうか。

今だと有給申請して理由を聞かれるとかさすがにあり得ない。

聞かないのが当然だし、答える必要もないというのは至極当然ということになっている。

まあ親しい上司に自分から、こんどの休みに何をするんです、とか言うことはあるけどね。

 

有給理由を言わないといけないような会社は辞めろ

もし毎回毎回理由を聞いてくるような上司がいる会社は間違いなくブラックだから、即刻辞めることをお勧めする。

ブラック企業労働基準法なんかなんとも思ってないから、有給の理由など言う必要がないはずと言ってもうちの会社では決まっているとか言って改めないだろう。

有給なんか取らせたらその分の労働果実取れないじゃんとか思ってそうだね、ブラック企業経営者は。

 

どこかの企業がかつて社訓で言ってたよね。

「365日24時間死ぬまで働け!」とかなんとか。

こんな会社だと年休を申請しただけで理由を聞かれるどころか張り倒されるのだろうか。

 

とにかく、我慢するだけ無駄だ。

待遇が多少良くても会社の思想がブラックだったら、即刻辞めて転職するか、そのままセミリタイアするのがいい。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています

下のバナーを1日1回クリックしていただけると助かります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村