48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

当サイトにはプロモーションが含まれます

【読書】 『博士の愛した数式』 小川洋子著

 

こんにちは

 

本日の記事は本を読んだ感想となっております。

 

今回私が読んだのは、小川洋子さんが書かれた「博士の愛した数式」。

 

第一回の本屋大賞受賞作ということで、興味を持って読んでみました。

 

主な登場人物としては、

  • 交通事故により「80分しか記憶が持たなくなった」元大学教授
  • 元大学教授のもとに身の回りの世話をすべく派遣された家政婦
  • 家政婦の息子
  • 元大学教授の義理の姉

というもの。

元大学教授の専門は数学であることから、色々な数や公式にまつわる話で物語が進んでいきます。

 

 

 

 

数字が色々出てきて耳馴染みのないものもあり、なかなか頭に入ってこない部分もありましたがなんとか読了。

読み進めていくうちに物語の中に引き込まれて行ってしまい、最後はどうなるんだろうと思いつつ読み終わってこうなったか、という感じでした。

義理の姉さんが何やら秘密めいた行動をしているから、何か修羅場になるのかなあと期待していましたが、このあたりは明確にならないままでした。

 

この小説は映画化もされ、当時は文庫版が100万部以上を売り上げたそう。

すごいです。

映画では、寺尾聡さんが元大学教授、深津絵里さんが家政婦役だったんですね。

映画の方も見てみようかな。

 

ではまた。

 

 

↓↓各ジャンルの他ブログが読めます↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ