48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

国会議員を落選しても失業対策で救われたりするんだ

 

こんにちは

 

前回の衆院選挙では新しく当選した議員もいれば落選した議員もいます。

自民党の大物議員で落選した方と言えば石原伸晃氏。

選挙区で対立候補に敗れ、比例復活も果たせず落選しちゃいました。

 

正直言って、この方が国会内で何か法案作成に関与したとか、鋭い質問をしたとかの記憶は全くありません。

仕事してないなら辞めてもらった方が国のためだ、と思っていたところ。

ところが、なーんと総理自らが失業対策に乗り出したようですね。

 

落選の石原氏、内閣官房参与に 岸田首相と懇意「お友達人事」?:時事ドットコム

 

いやー、さすがにびっくり。

ここまでして石原氏を優遇しないといけないんですね。

何か総理はヤバイネタを握られているんですか?

それとも一部で噂されているとおり、失業対策ですか?

ご本人は開き直りとも取れるご発言をなされているようですが。

参与就任の石原伸晃氏「まだ十分に体力、能力ともにある」…首相から辞令交付 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

 

石原氏、なんて自己肯定感の高いお方なのでしょう。

ご自分で「能力がある」なんておっしゃいますか。

能力が有る無いなんて、他人が判断するものでしょう。

あなたに能力が無いから選挙で落選したんじゃないの?

 

 

 

 

それと総理。

お友達ひとりだけ救っていいんですか。

あなたの派閥の「副会長」だった山本幸三衆院議員は参与として雇わないの?

彼も落選してますが、なんで石原だけ参与になりやがってーって草葉の陰から泣いてますよ?

 

どちらにしても、「内閣参与」なんて制度、必要なんですかね。

このままでは選挙に落ちた人の失業対策に使われてしまうのが当たり前みたいになりませんか。

国民の信託で落とされた前議員は、国の金で救うのではなく政党が助けてあげてください。

 

ではまた。

 

↓↓各ジャンルの他ブログが読めます↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ