48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

FIREは一過性のブームで終わるかなあ

 

こんにちは

 

私がセミリタイア生活に入ってもうすぐ4年になります。

同じころにセミリタイア生活に突入し、今やセミリタイア分野では第一人者とも言える人気を獲得しているブロガーさんがいらっしゃるのですが。

彼のブログ記事で面白いものを見つけました。

 

FIREブームで浮かれて無職になった奴らが一人でも多く路頭に迷いますように

 

ですって。

どうも彼はFIREブームを煽るメディアや人気取りのインフルエンサーがお気に召さないよう。

そしてそれに乗せられてFIREFIRE叫んでいる人たちのことは気持ち悪いそうです。

さらには、

自分さえ楽であればいいという幼稚な考えで無職になろうとする奴らは、国賊と言っていいと思います

と書かれていました。

 

いやー、私なんて、彼のブロガーさんから見たら足元にも及ばない木っ端ブロガーですが、生意気なこと書いていいですか?

あのー、思いっきりブーメラン刺さってますよ?

「自分さえ楽であればいいという幼稚な考えで無職になろうとする奴ら」

って私を含む多くのFIREセミリタイア者に言えることですが、書いた本人もがっつり当て嵌まってませんかね。

それとも高度なギャグ?

待てあわてるな、これは孔明の罠だ!

こうして釣られてブログを書く私のような者を笑いものにするための落とし穴に違いない。

 

 

 

 

彼のブロガーさんは、FIREをブームと切り捨ててます。

ブームって一過性のものですから、すぐに廃れていくということでしょうか。

確かにコロナ前に一時流行っていた「新卒フリーランスブーム」はコロナの到来と共に消え去ってしまったようですが。

 

私はセミリタイア=FIREと思っていますので、ブームとは思わないんですけどね。

そもそもFIREやセミリタイアするにはそれなりの準備期間が必要。

新卒フリーランスみたいに就活せずに名乗れば達成という訳にはいかないので。

たとえブームであったとしても、その後も一定数の人は残りますよ。

FIREはたとえ途中で諦めてもそれまで貯めた資産が残るので、FIREを目指す人にとっては分の良いチャレンジですね。

 

ということで、私の考えではFIREは一過性ブームでなく長く続くムーブメントになるかなと思っています。

まあ彼のブロガーさんは、突然湧いて出てきた「FIRE」という言葉自体が気に入らないのかもですね。

セミリタイア」という言葉を啓蒙している我々を置いてきぼりにするな、ってことかも?

 

私の考えでは、言葉って生き物であり時代に応じて変わっているんですよ。

私が退職した4年前にはセミリタイアという言葉しかありませんでしたが、その後FIREという新しい言葉が世に出てきました。

言葉の意味するところが同じなのであれば、古い言葉にわざわざ固執する理由もないですね。

ということで、私はFIREに乗っかっていきますよぉ。

 

ではまた。

 

↓↓各ジャンルの他ブログが読めます↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ