48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

FIREと「45歳定年制」は非常に相性が良い

 

こんにちは

 

サントリーホールディングスの社長が提唱した「45歳定年制」が物議をかもしています。

日本の法律では60歳より若い定年を規定できないことを承知のうえでの発言なのですが、これは強烈ですね。

というか、企業の考え方が丸々この一言に凝縮されています。

 

 

 

 

かつての日本では、「24時間働けますか」というフレーズに代表されるように仕事に没頭することが美徳とされていました。

でも今では家庭重視、残業もできるだけ減らして家に直行、家事と育児もパートナーときちんと分担するという方が多数派でしょう。

家庭重視だから出世したくない、管理職になるよりヒラのままで(仕事面では)平平凡凡としていき、プライベートを充実させたいって感じ?

それらは働く側の論理としては正解ですが、では企業側の論理としては?

 

企業としては、従業員が全ての能力を働くことに振り向けて働いてもらうのがベスト。

家庭重視仕事ほどほど出世に興味ありません、的な従業員はいらんわ、というのが本音でしょうね。

そのことが表面化してくる境目が45歳くらいでは。

45歳までに管理職にならないような人材は、企業にとっては必要ないということ。

「45歳定年制」により、会社に忠誠を誓ってバリバリ働くか、ほどほどにするならセカンドキャリアを目指すか選択してくださいね、ってことかと。

 

ここまで書くと、企業は従業員をいいように使い捨てする気だと思ったりするかもしれません。

日本は年功序列の名残があるので、若いころの給料は安く、勤続年数が上がると給料が高くなりがち。

60歳まで勤続させてくれないと、安い給料でこき使われて終わりましたになりかねないです。

 

 

 

 

でも見方を変えると、FIREとは非常に相性がいいと私は思います。

45歳を区切りにしますと企業側が初めから表明してくれているのであれば、そこまでにFIREを目指せば良いので。

45歳定年制を謳う企業であれば、採用当初から能力に見合った給与を要求できますし。

そういう企業は、平均給与を上げていかないと人を採用できなくなるでしょうし、45歳時点で退職するよう求めるのであれば、それなりの割増退職金を積んでくれるでしょう。

それを元手にFIREもいい感じです。

 

60歳とか65歳まで働くことを前提にしているならば「45歳定年」なんてもってのほかですが、早期退職を狙っていくFIREとは非常に相性が良いです。

むしろ「45歳定年」にしてくれないかなと切望するのがFIRE民かもしれませんね。

 

ではまた。

 

↓↓各ジャンルの他ブログが読めます↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ