48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

ひき肉そのままハンバーグを作ってみた

 

こんにちは

 

先日ツイッターを眺めていると、「ひき肉そのままハンバーグ」なるワードが。

読み進めてみると、挽き肉に塩コショウしただけで、あとはそのままフライパンで焼いて出来上がりという究極の手抜き料理。

興味が出てきたので、私も試してみることにしました。

 

 

 

よく買い物に行くディスカウントストアは、消費期限間近の商品に半額シールが貼られる時間帯があります。

その時間帯に精肉コーナーに行ってみると、あいにく合挽き肉は半額になっていませんでしたが、豚の挽き肉が半額になっていました。

私の中ではハンバーグなら合挽きかなと思っていましたが、お試しだし安くなっているのでいいか、と半額の豚挽き肉を購入。

 

ツイッターで見たときには塩コショウを振るとあったのですが、あいにく我が家には塩もコショウもありません。

仕方がないので味付けは焼きあがってからということで。

挽き肉をそのままフライパンに投入。

フライ返しで挽き肉をギューッと押さえてバラバラにならないようにします。

ひっくり返して両面に火を通そうかな。

f:id:luna3018:20210409125608j:plain

 

豚肉なので、しっかりと火を通した方がいいかなと何度かひっくり返します。

特に手で捏ねたりすることなくインしたので、中まで火が通りにくいかなと思いフライ返しで押さえて伸ばしたところ、肉色をしたお好み焼きみたいな見た目に。

火を止める前に味付けとして焼肉のたれを投入。 

f:id:luna3018:20210409125621j:plain

 

私の肉料理の味付けは、ほとんど焼肉のたれです。

これをぶち込んでおけば大抵の肉料理に失敗はなし。

 

中まで火が通ったところで実食。

うーん、ザ・豚肉、って感じです。

実に肉肉しい。

ハンバーグかどうかと問われると違うと思いますが、肉料理として考えると悪くありません。

そりゃそうですね、ハンバーグだとつなぎとして色々入りますが、今回のそのままハンバーグは肉しか使っていませんので。

歯が悪くて硬いものを食べにくい方なんかは、ひき肉そのままハンバーグ、よろしいんじゃないですかね。

私も、今後挽き肉が半額になっているときに買って作っていこうかと思います。

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村