48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

医療崩壊は私たちのせいなのか

 

こんにちは

 

マスメディアでは、新型コロナに絡めて「このままでは医療崩壊する」という主張が声高に叫ばれています。

Go Toキャンペーンの停止も、緊急事態宣言も、この主張に沿ったものですよね。

でも本当に日本は医療崩壊しそうなんですか?

そして医療崩壊する原因は、行動を自粛しない私たちのせいなのですか?

 

ここでひとつ、朝日新聞の記事を紹介します。 

www.asahi.com

この記事は後半部分が有料なので読んでいませんが、文脈と朝日の思想傾向から、医療ひっ迫は民間病院のせいではない、政府が金を出さないからだという結論に持っているのではないかと想像します。

しかしながら、バリバリのリベラルである朝日でさえ、

  • 日本はベッド大国
  • 日本の新型コロナ感染者は欧米と比べて桁違いに少ない

のに「何で医療崩壊が叫ばれるの?」って疑問を投げかけている内容で画期的。

 

弊ブログの読者のみなさまは薄々お分かりかと思うのですが、日本で医療崩壊なんか起こりません

だいたい医療崩壊言っているのは誰でしょう。

日本医師会の会長とか、東京医師会の会長とか、分科会の会長とか。

この方々、医療崩壊が本当に起こりそうなら、会見している暇があったら身を粉にして現場に出ればいいのに。

 

 

 

 

飲食店の時短要請とか、一般人の行動自粛とか、こんな状況は平時ではありませんよね、そもそも緊急事態って宣言ですし。

緊急時ならば、医療関係者も平時対応ではなく緊急時対応じゃないとだめなんじゃないですか??

東京医師会の会長様は、自分のクリニックを年末年始休業していたようですね。

そして分科会の会長様が関与している病院は、新型コロナ患者のための病室が非常に少ないようですね。

一般人の行動制限を掛けるような提言をするならば、まず隗より始めろではないんですか。 

 

もちろん、コロナ病棟等で働く医療従事者が大変なことになっているのはわかります。

でも、それらは全国の医療従事者のほんの一部で、特に民間病院の勤務医や多くの開業医たちは平時の仕事しかしたくない、たとえ一般人を犠牲にしても、ってことですよ。

一般人には緊急時の対応を迫るくせに自分達だけ平時のままでいたい、という勝手な主張に、やっぱり「医は算術」かと呆れています。

私の主張が違うというならば、今コロナ対応を渋っている全国の民間病院はコロナ患者を受け入れてください。

それだけで医療崩壊なんて無くなるんじゃないですか。

確かにコロナ対応するとなると大変なのはわかります。

でも大変なのは医療だけですか、あらゆる業界がコロナ対応で大変なんじゃないですか。

本当は全然大変じゃない医療関係者がいくら被害者ヅラしても、もう騙されませんよ。

 

今回の記事のタイトルは「医療崩壊は私たちのせいなのか」です。

結論ですが、私たちのせいではないです。

権力を持つ者はマスメディアを使って私たちに一律の行動自粛をしろと半ば脅しをかけてきますが、自分自身で考えて正しいと思う行動をすれば良いだけの話ですね。

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村