48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

Go To トラベル グデグデが続く

 

こんにちは

 

何かと批判が多いGo To トラベル。

先日の4連休から始まりましたが、もう利用された方もおられるかと。

 

私はなんだかんだ言いながらも、せっかく国が補助してくれると言っているし、当分海外に行けないならばせめて国内には行っちゃおうと思っています。

移動は車を使えば密を避けられますので。

 

Go To トラベルを適用してもらうには、旅行会社経由で宿泊やツアーを申し込むのが一番手っ取り早いです。

そう思って連休中にホテルを物色していたのですが、楽天とラベルもじゃらんも説明がほとんどないし、なんならホテル予約の段になっても割引額の表示が出ません。

おかしいなあといろいろ検索していたら、旅行予約サイトでGo To トラベルの割引が反映されるのは27日かららしいと知りました。

なんだそういうことならば、27日まで待とうじゃありませんか。

 

で、27日。

さっそく楽天トラベルのHPを開いてみますが、昨日までと金額がおんなじ。

どういうこと?

わからないときにはツイッターで調べてみると最新情報を掴めることが多いので検索してみます。

すると、楽天トラベルはまだサイトの準備ができていないため後日になるとのこと。

ありゃー、じゃあじゃらんで見てみるかな。

ところがじゃらんのサイトも適用されていません。

どちらも後日還付するって書いていますが、いちいち手続きするの面倒なんですよね。

更に問題なのは、じゃらんの方には以下の案内が。

既に予約をしている方、および今後クーポン配布前に予約をされる方が、
7月22日(水)-9月1日(火)《※1》までに宿泊をされた場合、
申請手続きにより35%の還付が受けられます。

申請方法については、現在決定しておりません。詳細が決まり次第、こちらのページでご案内します。
申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

なお、申請の際には、領収書、宿泊明細などのほか、所定の書式の宿泊証明書が必要となります。
また、宿泊施設が参加登録施設でない場合、還付を申請することはできません。 

 

宿泊施設が参加登録施設でない場合、還付を申請できないと書いています。

つまり、自分が泊まりたいホテルがGo To トラベルに参加しているのかどうか、調べる必要がある?

実は観光庁のHPに宿泊事業者の参加一覧リストがあります。

Go To トラベル事業関連情報 | 観光庁

都道府県別にリストにしてくれているので、自分が泊まりたいホテルはチェックした方がよいかもしれません。

しかし、何で始まってからもこんなにグデグデなんでしょうね。

泥縄もいいとこ、Go To トラブルかよ。

いったい誰得なんですか、これ。

全国で感染が拡大している状況ですし、東京だけ除外とせずに全国一律に延期して、その間に予約サイトのシステム変更が完了するよう時間を稼ぐという手もあったんじゃないですかね。

これの所管は国土交通省でしたっけ、誰も赤羽大臣に意見できなかったんでしょうか。

最近総理の影も薄いし、なんだか政府が投げやりになっている気がしてなりません。

心配だなあ。

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村