48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

節約を極め過ぎると宗教になっちゃう?

 

こんにちは

 

私は月々の支出を公開しております。

そこではかなりの倹約ぶりというコメントを過去にたくさんいただきました。

でも、上には上がおられます。

例えばセミリタイアカテゴリでは人生よよよさんとか。

彼はガスを契約していません。

調理はIH調理器を用い、お風呂は沸かさないという徹底振りです。

しかしもっとすごい方も世の中にはいらっしゃるようで。

 

 

私はこれで「電気」をやめました 電気代0円生活

dot.asahi.com

いやー、すごいですね。

この方は段階を追って電気代を減らし、ついには電力会社との契約を解除して電気代0円生活を行っているそう。

まず、冷蔵庫を使わなくなり、掃除機、炊飯器、加湿器、ドライヤー、トースターなどの家電製品は、次々に押し入れ行き。

最終的にはソーラーパネルを導入することで電力会社との契約を解除してしまいました。

 

 

 

節約を極めすぎると、ほとんど宗教のよう

みなさんは電気代を月々どのくらい払ってますか。

私は平均して月2000円台です。

この金額で近代文明の恩恵を享受できますので、現在の生活には大変満足しております。

我が家にある家電は、パソコン、洗濯機、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫、ジェットウォッシャー、扇風機、掃除機。

書いた順番は私が必須と考えている順番です。 

洗濯機と冷蔵庫はかつては三種の神器とも言われていました。(残りはテレビ)

これが有ると無いとでは家事の捗り方が全く違います。

またこのブログを書くのにはパソコンが必須です。

他のことはたいていスマホでオッケーですが、キーボードが無いと長文を書くのに疲れます。

エアコン無いと夏場眠れませんし、ジェットウォッシャー無いと歯のメンテが大変です。

 

これらを全て手放してまで電気代を節約したいか。

私は嫌ですね。

それだけのものを手放して得られるのが毎月たったの3000円足らずのお金。

節約するならばもっと他に削るところはあるでしょう。

あまりに極め過ぎた節約は、もはや他に目的が見つけられないと無理です。

そしてその行為は、もはや宗教としか思えません。

 

記事で紹介されている方は、節電から「電気を買わないこと」自体に目的がシフトしていますからね。

私から見たら東電フリー教の教祖です。

ソーラーパネルに多大な投資しておられますが、金額を回収するのに何年かかるのかって話で、それと引き換えにするにはあまりに不便な生活ですもの。

 

節約するなら固定費から

お金を手元に残したいと思っている方は、まずは浪費支出を洗い出すことです。

その次に着手すべき項目は、電気代ではなく固定費。

具体的には、家賃、通信費、保険代、教育費等です。

これらは一度見直すと節約できる金額が大きいですし、その効果は長期間持続します。

ちまちまと電気代を節約するよりよほど効果が大きいです。

どうせ節約するなら大きなところを見直しましょう。

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村