48歳からのセミリタイア日記

48歳でFIRE達成!! 国家公務員を辞めてただいまセミリタイア生活を満喫中です。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。

在職老齢年金制度の大きな見直しは無さそう

 

こんにちは

 

今年は年金の2000万円不足事案やら、年金のことについてのニュースが多い年でした。

そのなかで在職老齢年金制度については過去記事でも取り上げました。 

luna3018.hatenablog.jp

 

この件について、政府の調整が進んでいるようです。

 

 

在職老齢年金 65歳以上は現行維持

www.yomiuri.co.jp

どうやら65歳以上の減額基準は現行を維持する方向で最終調整が進んでいるそう。

なにせ野党からだけではなく与党からも

「金持ち優遇との批判を招きかねない」

という意見が出たようで、そりゃ厚生労働省もうかつに動けないでしょう。

 

年金減額の見直しをしないと高齢者の働く意欲を阻害する?

今回の見直しの趣旨が高齢者の働く意欲を阻害するというもの。

いやいや、現行基準の月47万円収入があるような高齢者は、たとえ減額されても働く意欲は阻害されませんって。

だって年金だけだとせいぜい月20万円とかでしょ。

どう考えても働けるなら働いたほうが金銭的には得じゃないですか。

そもそも65歳を超えて月47万円以上年収にして564万円も収入があるということは、一種の特権階級ですよ。

(本当は上級国民と書きたいけど、過去記事で用いたところツイッターにpv目当ての煽り記事と書かれたので控えます)

それより収入が欲しいなら、年金なんかに頼らずもっともっと働いて稼いでくださいってことで。

 

 

 

64歳までの基準額は月47万円に引き上げ

今回の見直しで、60歳から64歳までの減額基準額は月28万円から月47万円に引き上げられるようです。

これは致し方ないかな。

厚労省も見直しを打ち出しておいて何もできませんでしたでは格好がつかないでしょうし。

それにあと数年で厚生年金の支給開始も65歳からに揃いますし、あまり影響はないでしょう。

繰り上げ受給してなおかつ働くという方には朗報かもです。

 

現役世代の負担感を鑑みるともっと基準額を減額した方が

現在の年金制度は世代間の助け合いということになっています。

現役世代の保険料で高齢者世代の年金を支える形。

積み立て制度ではないのですから、懐に余裕がありまくりな高齢者の方は一部年金を減額されてもなんら問題がないでしょう。

というか、月47万円の基準自体がどうですかね。

非正規雇用の方は月20万円とかでヒーヒー言っていたりするのでは。

そういう方からは年金保険料をきっちりと徴収し、一方で高齢者は月47万円までの収入だったら無条件で年金支給ってなんか可笑しくないですか。

もっと減額基準を引き下げた方が良いのでは

私が厚労省の担当者だったら月30万円くらいまで基準の引き下げを提案します。

年金財政も多少は健全化するでしょうし、現役世代の不満も和らいで一石二鳥でしょうね。

 

特に現役世代のみなさま、この問題についていかがお考えですか。

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村