48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

青汁王子、起訴される

【初版 2019年3月5日 最終更新2019年9月6日】 

こんにちは

 

少し前に青汁王子のことをエントリーしました。

 

luna3018.hatenablog.jp

 

その後の進展があったようです。

 

 

青汁王子を脱税罪で起訴 

news.yahoo.co.jp

東京地検特捜部は4日、約1億8千万円を脱税したとして法人税法違反などの罪で、ダイエット効果をうたった青汁を販売する「メディアハーツ」(東京都渋谷区)社長と、法人としての同社を起訴した。

 

意外と早く起訴されましたね。

逮捕されたときには証拠集めが進んでいた段階だったのかも知れません。

ちなみに法人の犯罪の場合、個人と法人の両方が罪に問われます。

今回は指示したのは社長自身ということで社長が起訴されているんですね。

 

もし社長が罪状を否認しているならば、こんなに早く起訴されなかったかもしれません。

というのも、否認事件の場合は裁判で検察側も有罪を勝ち取るためにたくさんの証拠を提出しなければなりません。

起訴したということは捜査を終えて公判に向かうということですから、社長が捜査段階でいち早く容疑内容を認めてスムーズに捜査が進んだのだと思われます。

外部からは推測しかできませんけどね。

 

さらに捜査段階で判明したこともあるようです。

 

 

 

脱税した金の一部を仮想通貨に

https://twitter.com/FNN_News/status/1102438307282079746

 

まあ脱税したお金はどこかに隠すものですが、仮想通貨に替えるとは今風ですね。

それに家族にも送金していたとか。

ご家族も脱税して得たお金を貰って嬉しいのでしょうか。

 

会社の口座にプールしていたのならともかく、仮想通貨に替えたり家族に送金したりと、隠ぺいする気満々で悪質性が高いなあというのが私の感想です。

みなさんはどう思われますか。

 

どのような判決が予想されるか

法人税法違反(脱税)での初犯での判決は罰金刑になることも多いようです。

ただし、悪質性が高いと判断されると、執行猶予付きの懲役刑になることもあるとか。

それに罰金も科されるでしょうか。

ちなみに禁固刑以上の前科が付くと、競走馬の馬主(うまぬし)にはなれない規定となっているそうです。

もし執行猶予付き懲役刑を受けたら今現在所有している競走馬は手放すことになります。

あらら、馬に罪はないんですけど仕方ないですね。

まあ判決がどうなるか見守りましょう。

 

2019年9月6日 追記

「青汁王子」と呼ばれ約1億8千万円を脱税したとして法人税法違反などの罪に問われた「メディアハーツ」(現ファビウス、東京)前社長、〇〇〇〇被告(30)に東京地裁は5日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。法人としての同社にも罰金4600万円(求刑罰金5500万円)を言い渡した。

〇〇〇〇裁判長は「借入金の返済や投資に使える金が欲しいと考えて脱税を繰り返した。私利私欲のための身勝手な犯行だ」と指摘。一方、社長を辞め、架空経費の還流分に相当する額と退職金とを相殺したことを考慮した。

〇〇被告は旧メディア社が青汁を主力商品として業績を伸ばしたことから「青汁王子」と呼ばれていた。カリスマ経営者としてメディアにも登場したが、事件を受けて6月に社長を辞任した。

判決によると、被告は2015年9月期と17年9月期の2年間、架空の広告宣伝費などを計上して会社の所得約5億1千万円を隠し、法人税と地方法人税計約1億4千万円を免れた。また、架空の課税仕入れを計上して消費税と地方消費税計約4千万円を免れた。

※9月5日付日本経済新聞より引用

※個人名はプライバシー保護の観点から削除しました。

 

青汁王子は執行猶予付きの懲役刑となったようです。

また法人に対しては罰金刑とのこと。

これで青汁王子は競走馬を手放さないといけなくなりました。

まあ時期を見て復活するんでしょうけど。

 

ではまた。 

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村