48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

東証株式市場 バブル後最高値更新 私の持ち株は?

 

こんにちは

 

最近、日本の株式市場は上昇傾向が続いている。

ついに10月1日の東証株式市場の終値がバブル後の最高値を更新したらしい。

 

 

東京株式 終値もバブル後高値=円安などで、26年11ヶ月ぶり水準

1日の東京株式市場では、円安・ドル高を好感して輸出関連の電機株などを中心に買いが進み、日経平均株価終値は前週末比125円72銭高の2万4245円76銭と続伸、バブル後の高値を更新した。1991年11月13日以来、約26年11カ月ぶりの水準。東証1部全銘柄の動きを示すTOPIXも0.71ポイント上昇の1817.96と続伸した。

取引時間中に1ドル=114円近くまで円安が進行。米国とカナダが北米自由貿易協定NAFTA)の再交渉で合意したことも株価の支援材料となった。日銀が1日朝発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)では、大企業製造業の業況判断指数が3期連続で悪化したが、株式相場への影響は限られた。

10月1日付時事通信より引用

 

円安が進んでいることが影響しているのだろうか。

輸出型企業の業績は円安になると伸びるからなあ。

現職総理が総裁選で3選されて、今までの政治が継続するということへの安心感もあるのかもしれない。

 

私の持ち株状況

日本株の状況が良いことは私にとっても望ましいことだ。

でも私が買っている株が上昇してくれないとあまり意味ないんだよなあ。

 

1日終値で株価を見てみよう。

ソニー 6879円 前日比87円安

九州電 1372円 前日比1円高

日産自 1052円 前日比12円安

JT  2941円 前日比25円安

 

は、は、は・・・

 

乾いた笑いしかでてこねー・・・

 

なんだこれは、ぼろぼろだな、おい。

 

ソニーはまだ良いほうだ、連日上げてきていたから。

このあたりで一服してさらにジャンプする力を蓄えよう。

 

九州電力もまあ1円とはいえ上昇しているのでオッケー。

 

日産自動車、おめーはだめだ。

なんだこれ、ぼろぼろだな。

配当権利日までは1100円を超えていたのにそこからずるずると下げ。

配当落ち分を下げるのはまあ許す。

それ以上にずるずると下げやがって。

9月25日に売るかどうしようか迷ったんだよなあ。

やっぱり売りが正解だったか。

 

そしてJT。

こいつもどうしようもない。

長期で持ちたいけど、持てば持つほど下がっていく。

配当利回り5%超えといっても、それを上回るスピードで下落していくから配当意味なし。

さてどうしてくれようか・・・

おまけに株主優待を9月下旬から発送しているはずなのにいまだ届かず。

まったくあきれ返るわ。

かなりの含み損抱えているし、NISA枠で買っているから損出ている状態で売っても損益通算できない。

じっと持ち続けるしかない状況。

配当を貰い続けるしかないね。

 

 

 

今後の方針 

今後も株式市場全体としてはしばらく上昇するのかな。

下落要因は今のところ見当たらないものね。

少なくとも円安傾向が転換するまでは大丈夫なのか。

注意すべきなのはやはりトランプ大統領

彼が何を言い出すかわからないから、それだけに注意すれば良い感じ。

 

でもうかつに今から買えないなあ。

買ったところが天井でした、という可能性もあるからね。

未来が見通せれば苦労はないけど、わからない以上、最善を尽くすよう努力するしかない。

 

私の基本戦略としては、かつてのリーマンショックのような大きな調整局面を待って買い捲るつもりだ。

今は株価水準が高すぎると思う。

割安な株もあるのだろうけど、そんなのは目ざとい人が見つけてすぐに株価を吊り上げてしまうだろう。

だから基本的には買い増しをせず、下落待ち。

 

今持っている株は利益が出るところで売る。

ちなみに利益が出ているのは日産自動車だけ、あとは全部含み損。

ソニーがもう少しで含み益になるところまで上がって来た。

2000年に買ってから18年、長かったなあ。

ここまで来たらプラスになるまで見守るつもり。

九州電力は当分含み損を抱えたままだろうから、何か利益が出る株と抱き合わせで損益通算するしかないだろう。

 

バブル後最高値更新って言っても私の持ち株は景気が悪いね。

選択ミスということだ。

なかなかうまくいかない。

投資向きじゃないんだろうな。

やれやれだ。

 

ではまた。

 

ブログ村ランキングに参加しています 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村