48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

【悲報】森永チョコフレークが生産終了

 

こんにちは

 

私は甘いものが好きだ。

子供のころから甘いものが好きだった。

 

甘いものの中でもチョコレートは大好きだ。

よく板チョコは買って食べていた。

板チョコのほかには、チョコフレークを買っていた。

あのチョコレートの甘さ香りとフレークの食感。

考えた人は頭いいなと思いながらおやつのお伴し続けてうん十年、今に至る。

そのチョコフレークについて悲しいお知らせを見つけてしまった。

 

チョコフレーク、生産終了へ 「スマホと相性が悪く」

森永製菓は28日、チョコレート菓子「チョコフレーク」の生産を来年夏までに終了すると発表した。1967年に発売され、50余年にわたり親しまれてきた味が消える。同社によると、手がべとついてスマートフォンを操作しながら食べにくいため、人気が落ち込んでいた。この5年で売り上げが半減したという。

9月28日付朝日新聞デジタルより引用

 

チョコフレークの売り上げがこの5年で売り上げが半減していたとは。

 

チョコフレークを知らない人のために一応説明をすると、コーンフレークとも言われるシリアルにチョコレートを上掛けしたものだ。

これチョコレート好きにはたまらないおいしさなんだよね。

 

でも確かに一袋食べると、手がチョコレートでベトベトする。

スマホを操作しながらだとチョコフレークは食べにくいだろう。

今はお菓子の世界にまでスマホが関係しているのか。

 

チョコフレークは時代に合わない、消えゆくお菓子なんだろうか。

昔からのファンとしては悲しい。

森永製菓も製造するお菓子を整理していく必要あるんだろう。

メーカーも儲けがあってこそだからね、仕方ないところはある。

 

手が汚れるお菓子は消えていく?

チョコフレークは手が汚れるから売り上げが減ったとも言われている。

少し前にカールというお菓子が東日本での販売を終了したが、カールも手が汚れるお菓子だった。

なんかお上品なお菓子しか生き残れないのかな。

カール、チョコフレーク、次はなんだろう。

ポテトチップスも手が汚れるんだけど、無くなるという感じはないなあ。

でもスマホを使いにくいと言って売上が減ったらわからないね。

 

チョコフレークはまだ消えていない 

森永チョコフレークが販売終了したというニュースで、てっきりチョコフレークの火が消えたかと慌てて調べてみた。

実はチョコフレークは森永のほか、日清シスコが販売している。

ふう良かった、まだ食べることができる。

熱烈なチョコフレークファンは日清シスコのチョコフレークが消えないことを祈りつつ、食べ続けるしかないのだろうね。

 

 ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村