48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

生活保護は甘えている、という記事に対するご意見と返信

 

こんにちは

 

以前に生活保護のことについて記事にしました。

luna3018.hatenablog.jp

早いものでこの記事を書いてからもう5ヶ月が経ちました。

記事の存在を忘れかけていたのですが、ある方からコメント欄にご意見をいただきました。

コメントで返信しようと思ったのですが、大変長くなりそうなので独立した記事にすることにしました。

 

 

生活保護は甘えているの記事に対するご意見要旨

コメント主名:無知は罪

家賃:住宅扶助により負担なし
あなたの想定する区部で住宅扶助内で暮らせますか。管理費は自己負担ですがもちろんご存知ですよね?

電気:4000円
どこの温暖な地域の素敵な田舎暮らしでしょう。

重要なのは、あなたと同世代の生活保護者の多くは傷病・障害のある方々です。その移送費を貴殿は失念されており、計上されていません。更に、自己負担もあります。

到底足りるわけありません。大げさに生活保護というと直ぐにパチンコと思考停止する可哀相な方々が居ますが、無知にも程があると失笑します。

もう少しリアリティのある数字を出さないと説得力に欠け、無知は罪と恥をかくことになります。

ちなみに私は尊厳死があれば良いと思います。真綿で首を締め付けるような陰湿な嫌がらせしか偽善者らはできません。死なせてあげるべきだと思いますね。

 

4月4日付元記事のご意見で指摘された部分を再掲載

もし私が今東京23区で賃貸アパートに住み生活保護を受けていたとしよう。

私が受給できる生活扶助額は80160円。

節約を意識せず普通に生活したとしてシミュレートするとこうなる。

家賃:住宅扶助により負担なし

食費:30000円

電気:4000円

ガス:6000円

水道:免除

通信:5000円

医療:医療扶助により負担なし

交通:都営交通無料券を利用し負担なし

残り:35000円

 

 

ご意見に対する返信

なんかこの手のコメントって以前の第3号被保険者のときもそうだったのですがいきなり攻撃的なんですよねえ。

初めてならまず挨拶くらいしたらいかがでしょう。

 

ではコメント主、無知は罪様へ返信していきます。

 

>家賃:住宅扶助により負担なし
>あなたの想定する区部で住宅扶助内で暮らせますか。管理費は自己負担ですがもちろんご存知ですよね?

もし高い部屋を借りていたなら、生活保護を受けると決まった時点で住宅扶助内で暮らせる部屋に引っ越せばよろしいだけです。

探せば住宅扶助内の家賃で賃貸はいくらでもあるでしょ、探せば。

住宅扶助内で暮らすために高家賃から低家賃の部屋に引っ越す場合、引越し代が支給されるので引越しは可能ですよね?

ご存知ですよね?

そのまま高い家賃の部屋に住み続けたいならやりくりの努力はすべきです。

 

管理費自己負担ぐらい知っていますよ。

管理費が無い部屋を探すか、管理費があるところに住みたいなら生活扶助費から捻り出せばよろしいのでは?

ちなみに私は今管理費がない賃貸部屋に住んでいます。

東京でも管理費がない部屋もあるはずなので、探せないとは言わせませんよ。

 

>電気:4000円
>どこの温暖な地域の素敵な田舎暮らしでしょう。

関東から見て僻地の福岡住みです。

太平洋側の関東地方は日本海側の福岡に比べて冬が温暖で羨ましいですよ。

当方関東にも住んでいたことあります。

数値的にはさほど差が出ないかもですけどね。

福岡で一度日本海側から直に吹いてくる北風を体感してみたらわかります。

 

私が福岡にて今の部屋に住みはじめて早10年、冷暖房はエアコンのみです。

冬場に電気代月4000円なんてただの一度も超えたことないですが。

もし足りないなら冬場は東京でも冬季加算が月2580円以上加算されますので、それを電気代に充当すればいいじゃないですか。

ちなみに夏場はエアコンをフル稼働させておりますが同じく一月4000円を超えたことがございません。

ガス代には触れられていませんが、私は都市ガスより高いプロパンで一月あたり2000円以下のガス代ですよ。

あのシミュレートはあえて生活保護者向けに、私の支払い実績から2倍3倍と掛け算して甘く見積もっております。

 

無知は罪様が何の努力も生活保護利用者に求めないことはよくわかりました。

家賃管理費にしろ電気代にしろ支給範囲内でなんとかやりくりすべきでしょう。

もし私のシミュレートで足が出るなら残りとしている部分から充当すればよいだけですが。

何のために35000円も残して計算しているのかって話です。

 

>重要なのは、あなたと同世代の生活保護者の多くは傷病・障害のある方々です。その移送費を貴殿は失念されており、計上されていません。更に、自己負担もあります。

>到底足りるわけありません。大げさに生活保護というと直ぐにパチンコと思考停止する可哀相な方々が居ますが、無知にも程があると失笑します。

私、傷病も障害も負っておりませんが人を勝手に傷病・障害者にしないでください。

あのシミュレートはあくまで「健常者である私が東京都区内で」生活保護を受給したらという話なのに。

傷病・障害の方にはそれなりの予算の組み方があるでしょう。

東京都区内で障害年金を受給されている方なら障害者加算として月14590円から26310円生活扶助費に加算があることくらいはご存知なんですよね。

傷病者ならば在宅患者加算が月13020円加算されるのも当然ご存知のうえでのコメントですか。

 

人のことを無知と失笑できるようなのでご教示ください。

生活保護費が足りなくなるほど大変な方は全体の何パーセントですか?

そしていくら足りなくなるのですか?

移送費は月当たり何円必要で自己負担は何円?

優先適用されるはずの他の福祉制度の利用状況は?

具体的数字出して無知な私に教えてください。

コメント欄を開けてお待ちしております、無知は罪様。

 

>もう少しリアリティのある数字を出さないと説得力に欠け、無知は罪と恥をかくことになります。

私は「健常者とみなされる現在の自分」の例で説明しているはずで、それは記事中にも明記しております。

それに生活保護水準以下である私のリアルな生活費支出状況は、ブログ内の別記事に1円単位で公開しています。

 

個々のケースは千差万別なんですからいちいち答えられないでしょう。

傷病、障害あったら他の福祉制度も使うので一概に論じられないはずです。

他の福祉制度は生活保護に優先して適用されるはずですからね。

あ、無知は罪様には釈迦に説法でしたね、申し訳ございません当方無知なもので。

私には無理ですが、無知は罪様はリアリティのある数字を出して説明いただけるのでしょう。

無知な私としては説得力のある説明を楽しみにしております。

  

 

最後に、尊厳死の話はここでは取り上げません。

別記事に書いておりますのでそちらでどうぞ。

 

まとめ

コメント主様からは具体的な数字を出されておられないのでなんともまとめようがございません。

もしかして単に「無知は罪」という言葉を使いたかった御仁でしょうかね。

人に対して「無知は罪と恥をかくことになります」と言い切れる以上、さぞやすばらしい「知」をコメント主様はお持ちなんでしょう。

私は自分の無知を自覚しておりますので人に尋ねることを恥とは思っておりません。

無知な私にどうぞご教示くださいませ。

あー、さきほどのコメントのような、おためごかしはもう結構。

具体的数字を挙げてくださいね。

 

無知は罪様へもう一つ具体的数字に基づいて質問します。

平成29年10月現在の統計で、生活保護受給世帯の内訳が、

高齢者世帯53%、母子世帯6%、傷病障害世帯26%、その他世帯16%ですね。

その他世帯は高齢者でもなく、母子家庭でもなく、傷病障害持ちでもないということ。

この人たちなんで働かないんですかね。

ここ20年間でその他世帯数大幅に増えているんですが。

その他世帯数が平成9年の4.2万世帯が平成29年の25.6万世帯に増えています。

現在少なくとも25万人以上がその他世帯に分類されるんですけど。

昨今人手不足で外国人労働者を何百万人と入れないといけないような国なんですが働き口がそんなに見つからないんですかね。

 

無知は罪と人に言い切れるのですから、当然お答えはご存知なんですよね、無知は罪様。

無知な私にご教示くださいね、逃げずに。

お待ちしております。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村