48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

こんな職場で働くくらいならセミリタイアしよう コンビニ本部が豪雪でも営業時間短縮拒否

 

こんにちは

 

日本は相変わらずブラック職場ぶりが際立っているなあ、という記事を見つけた。

 

福井県のあるセブン-イレブンオーナーは、記録的な大雪を理由に2018年2月6日から7日にかけて、24時間営業の停止を何度も訴えた。しかし、セブン側は要求には応じず、店を開けるよう回答したという。

一緒に勤務していた妻は長時間の雪かきの末に倒れ、救急車で運ばれたが、オーナーは営業をやめられないため、付き添えなかったという。スタッフの出勤も困難で、2月6日から8日にかけて、約50時間不眠で働くことになったそうだ。

4月14日付弁護士ドットコムより引用

 

約50時間不眠で働くことになったって、丸2日だぞ。

コンビニオーナーが豪雪だから店を閉めさせてくれと要求しているのに本部が応じなかったって。

妻が過労で倒れて救急車で運ばれても店を開けるために付き添えなかったって狂っているとか思えない。

災害だろうが家族が倒れようが店を開けろっていかにも日本的なとんでもブラックぶりだよ。

緊急避難ということでオーナー逃げちゃえばよかったんだよ。

そのあと本部と契約違反でもめただろうけどね。

 

同記事のなかでオーナーと本部とのやりとり部分があった。

福井県では今年2月、福井市で最大147cmの積雪を記録するなど37年ぶりの大雪が降り、自衛隊災害派遣された。

このオーナーの店舗も雪に見舞われ、2月6日の朝から夫婦で周辺の雪かきに追われたという。来客が少なかった上、軒先に積もった雪が落ちて客に当たったら大変ということで、営業中止を相談したが、セブン側は認めなかった。

夜になると妻が疲労で倒れ、病院に搬送された。その後、セブンの社員がサポートで来てくれたため、オーナーは病院に向かったが、社員がいたのは4時間ほどで、ほどなく店へ戻らなくてはなかったという。

翌2月7日の朝になっても閉店は認められなかった。営業を続けて、ケガが発生したらどうするのかとセブン側に尋ねたところ、「オーナーの保険で対応してください」「店は開けてください」という趣旨の連絡があったそうだ。

オーナーが、マスコミの存在をにおわせたところ、ようやく営業を中止しても良いとの許可が下りたという。

ただし、天気が回復したため、オーナーは店を閉めず、2月8日の朝まで勤務。50時間以上睡眠を取れなかったという。

 

営業を続けてほしかったら普通は社員を応援派遣するものだろ。

このコンビニ本部はまじで配慮なし。

自衛隊災害派遣されるような事態だというのに。

マスコミに叩かれそうになるとわかると態度をコロッと変えるあたり確信犯か。

でも今はマスコミいなくても悪い話はSNSでどんどん拡散するんだけどね。

 

このコンビニオーナーも早くセミリタイアしたほうがいいよ。

寿命を縮めてまでして働くことないよ。

店をオープンさせるときに借金とかしてるだろうからなかなか辞められないのかね。

 

それを考えるとセミリタイアブログの皆さんは早々と職場に見切りをつけているのは賢明だよ。

日本ってちょっと油断していると死ぬまで人を働かせようとする社会構造だから。

 

全国のコンビニオーナー様、命あってのものだよ、無理だと思ったらギブアップしよう。

ギブアップして一緒にセミリタイアしようぜ。

 

 ブログ村ランキングに参加しています

下のバナーを1日1回クリックしていただけると助かります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村