48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

米ドル建て外債が満期になったが円高なので円転できない

f:id:luna3018:20180126000958j:plain

 

こんにちは

 

米ドル建て外債が1万ドル分満期になった。

これは5年物だったと思うのだが(正確に覚えていない)年利1.2%くらいのあまり利率が高くない代物だった。

当時アメリカの金利が恐ろしく低い時期だったのではないだろうか。

自分でも当時なんでこの外債を採用したのかわからない。

 

さて数ヶ月前までなら円転してもそれなりの価値になるところだったが、現在かなりの円高であって米ドルのまま保有したほうがよさそうである。

 

そういうことから、米ドルMMFに置いておいて円安のタイミングを待つことも考えたがトランプ政権が続く限り円高のままでいきそうなので、ここは満期まで3年ほどの既発米国債でも買うか、と物色していた。

 

すると、証券会社の店舗担当者から電話が。

その証券会社から期間3年の米ドル建て外債が新発で出るとのこと。

発行会社はオーストラリアの大手銀行で倒産リスクは低そう。

期間3年で年利2.5%なので米国債の利回りと比較してもまあまあの線である。

その間に解約しなければならなくなったときには元本割れしそうだが、3年間なら利息を貰って米ドルとして保持し続けてもよさそうだな。

ということで、満期分の米ドルをそのまま新発外債に回すことにした。

 

3年後にドル円相場がどうなっているかわかるはずもないが、少なくとも米ドルなら新興国通貨のようにめちゃめちゃになる可能性は低いだろう。

 

日常生活的には輸入品が安くなる円高が望ましいけど、外貨建て資産があるから円安も希望という悩ましい話である。

 

 ブログ村ランキングに参加しています

下のバナーを1日1回クリックしていただけると助かります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村