48歳からのセミリタイア日記

48歳でまだ早いかなと思いながらもセミリタイアしました。生活、資産運用、旅行、その他いろいろ。元公務員です。

結局のところ仮想通貨で儲けているのは誰だ

f:id:luna3018:20180118102221j:plain



こんにちは

 

仮想通貨取引所のコインチェックが仮想通貨NEMの流出事件以来停止していた日本円の出金を始めたようだ。

そして事業を継続するとの記者会見もしたようだ。

直接見てないけど。

ということは、流出した仮想通貨分の現金を実際に会社として保有しているということになる。

 

あの会社どんだけ儲かってるのという話になる。

株式も上場していない会社の財務状況さえ公開できないような会社が500億近いお金を補填できるっていうことからも今までの常識を超える。

 普通の会社なら破産である。

 

今年世間を賑わせた着物の着付け会社「はれのひ」なんて負債が6億くらいと言われている。

6億の負債で多数の人に迷惑をかける会社もあれば、500億を手持ちの金で返金する会社もあるとなかなかカオスな社会になったものだ。

 

ところで、結局のところ仮想通貨で本当に儲けているのは誰だろう。

 

かつてアメリカでゴールドラッシュが起きたとき、本当に儲けたのは一攫千金を狙う金鉱堀りたちに金鉱までのアクセスを用意した鉄道会社と、その人たちに金鉱を掘る道具を売りつけた会社と言われている。

 

仮想通貨でも似たようなことが言えないだろうか。

 

つまり、本当に儲けている連中の一方は仮想通貨取引所だ。

仮想通貨が上がろうが下がろうが、取引所で売買さえしてくれれば手数料が落ちる仕組みになっているから、取引所の運営者は相場の上げ下げに興味はなく、売買高さえ増えてくれれば濡れ手に粟で笑いが止まるまい。

 ゴールドラッシュ時に金鉱までのアクセスを鉄道会社が用意して大儲けしたように、現代の仮想通貨取引所は仮想通貨相場へのアクセスを用意してカモから大儲けしている。

 

ゴールドラッシュでの鉄道会社を現代の仮想通貨取引所に例えたが、では本当に儲けているもう一方の連中。金鉱を掘る道具を売りつけた会社を現代に当てはめると何になるだろうか。

 

仮想通貨はマイニング(採掘)という作業が不可欠である。

マイニングとは。仮想通貨の不正を防ぐために過去の取引履歴データの整合性を取りながら取引の承認や確認作業を行うことである。

仮想通貨の根幹を成すブロックチェーン技術はマイニング無くしては成り立たない。

このマイニングを行って一定の計算をすればごほうびの仮想通貨をもらうことができるため、その作業をさせるため専用のコンピュータを組んでマイニングに精を出す人たちがいる。

まあ採掘というだけあって、私から見れば金鉱で金を掘るのも仮想通貨をマイニングするのも根っこは同じに見える。

つまりマイニングしている人たちに専用コンピュータの核部分を提供している会社こそ、現代の金鉱を掘る道具を売りつける会社といえるだろう。

 

私は金鉱堀りをするより鉄道会社や道具を売る会社に投資して儲けたい。

 

本当は自ら取引所を運営したいくらいであるが、取引所を作る技術など持っていない。

取引所自体に投資できればと思ったが、現在株式を上場している取引所はないので投資先がない。

 

ならば道具を売りつけている会社に投資したい。

マイニング専用コンピュータにはGPUを大量に使用する。

そのGPU製造ではアメリカのNVIDIA社とAMD社の2社が独占しているようだ。

私はNVIDIA社に投資していくこととした。

その理由はこの会社はGPUだけでなく、自動運転技術にも多大な投資を行っており将来性はバツグンだと睨んだからだ。

 

みなさんは金鉱を掘って儲けますか?

それとも鉄道を敷いたり道具を売ったりして儲けますか?

 

 ブログ村ランキングに参加しています

下のバナーを1日1回クリックしていただけると助かります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

ホテルを予約するなら↓